Category Archives: 日本基礎学習ゲーム研究会

面積の学習,マッチ棒パズル,かなり難しい!

そろそろ夏休みも終わりに近づいてきましたね。
新学期も明るく楽しく,それでいて,ちょっと難しく。
気がつくと力が付いている。
そんな楽しい一時を,つくってみるのも良いかもしれません。
b7489
面積の学習として役立つ,マッチ棒パズルがあります。

マッチ棒10本を使って,図のように,長方形を作ります。
すると,面積は6平方マッチになります。
★余談ですが,こういう単位の付け方は算数の基本です。鉛筆で面積を作ったら,「平方鉛筆」というようにするのです。
わずかなことですが,単位とはどういう事か次第にわかってきます。

マッチ棒の数を変えないで,ちょっと何本か動かして,面積を5平方マッチにするには,図の右側のようにすればできます。

さて,ここで問題です。
かなり難しい問題です。
「わからない」「降参」と口走ってしまう小学校の先生も出るほどの何問です。

マッチ棒の数は10本のままで,面積を3平方マッチにするには,どう動かしたらよいでしょう。
ただし,マッチ棒が重なるようなことがあってはいけません。
--
真面目に考えれば,わかる範囲の問題ですが,答えが気になる先生は,フェイスブックのグループ「日本基礎学習ゲーム研究会」に御入会下さい。
明日あたりに,答えが発表される予定です。

プログラミング学習が始まろうというこの時代に,ベタなパズルをやっているのですから,私もどうかしているのかもしれません。
ただ,こういうパズルの解法は,そのこと自体がプログラミングに似ています。
論理一筋だからです。
解法を手に入れると言うことは,論理的に説明ができている状態ということになります。
そう思うと,パズルも楽しいですね。
--

日本基礎学習ゲーム研究会が半年

フェイスブックに「日本基礎学習ゲーム研究会」のページを作ったのが,1月27日(水)です。
あれから半年が経ちました。
予想を超える先生方が入会して下さり,目下,126名となっています。

b7549活発な意見交換があるかというと,そう言うことはありません。
何となく,アップされた作品を皆さん静観している感じです。
それでも,こういう場があると,それなりに交流があるので,この先も楽しく開催していこうと思っています。

右は,先日アップした「五十音図 暗号」です。
五十音図に親しんでもらうことが主なねらいとなります。

教室のどこかに掲示して,「答えがわかったら先生の所までどうぞ」等としておくと,先生の周辺が急にホットになりますね。

関心のある先生,どうぞ,御入会下さい。
--
b7597明日は,三宅先生と夕飯を一緒に食べることになりました。
今,どんな研究をしているのか,退職してからのことなど,あれこれ聞いてみたいと思っています。
--
関連記事:

日本基礎学習ゲーム研究会

b7639フェイスブック内に「日本基礎学習ゲーム研究会」というグループを作っています。

そこにアップした筆順のクイズをご紹介します。
赤い部分が何画目に書くかを考えて,四角の中に等号か不等号を書きます。

漢和辞典を使えるようになったら,こういうクイズを出して,ちょっと調べてみる活動をするのも楽しいだろうなと思います。

こういうことに関心のある先生がいらっしゃいましたら,どうぞ御入会下さい。
こちら から入ることができます。
--
関連記事:

日本基礎学習ゲーム研究会

b7699フェイスブックに「日本基礎学習ゲーム研究会」というグループがあり,そこに昨日,右の「二字熟語クロス」をアップしました。4年生以上向けです。

楽しんで下さる方がいらっしゃるので,ありがたいなぁと思っています。

日本基礎学習ゲーム研究会のグループは「秘密のグループ」という設定になっていますので,参加している方のみ見ることができます。
関心のある方は,フェイスブックからご入会下さい。
こちら です。
--
そろそろルワンダへ出立です。
羽田からドーハへ。これが11時間45分。
ドーハからルワンダの首都キガリへ行くのですが,途中,ウガンダのエンテベで昇降があり7時間30分。
かなりの長旅なのですが,あれこれ夢を思い描いていると,じっとしている時間も楽しい一時になります。

夢を持って生きていると,良いことがいろいろありますね。
b7743b7734

b7782b7764

--
関連記事:

2月SG会の課題図書

b7832フェイスブックに非公開のグループというのをつくることができます。
先週,急につくってみたくなり,「日本基礎学習ゲーム研究会」の非公開のグループを作りました。
そうしたら,早速,佐々木先生が自作の学習ゲームソフトを紹介してくれました。
私からも,簡単な漢字パズルを紹介しました。

漢字パズルはコンピュータが使えるようになって,つくるのが簡単になりました。
あっという間にできてしまいます。
本当に,良い時代になりました。

関心のある方は,どうぞご参加下さい。お待ちしています。
--
b78272月のSG会の課題図書です。
『必ずかける「3つが基本」の文章術』です。

明石先生から,著者の近藤勝重氏は毎日新聞の編集員と紹介があったので,楽しみにしました。
文章作法の本は,新聞記者さんの本が性に合っています。
何というか,わかりやすいのです。
この本もそうでした。
大いに勉強になりました。

問題点は,そんなに練って書くほどの時間がないということです。
とにかく,テーマが決まったら,思いついたことをどんどん書く。
そうして,終わりにたどり着いたら,とりあえずおしまい。
「アップしましょう」となります。

こんな書き方ですので,せっかく読んだのですが,思うようには活用できません。
それだけ,文章の道は易しくはないということです。
--
関連記事:

「日本基礎学習ゲーム研究会」

b7841関大初等部6年生の活動が,「『あさチャン』という情報番組の中でアクティブラーニングの例として紹介されていました。」と浅村先生から教えていただきました。
昨日の夕方,「テレビに・・・」と聞いていたので,楽しみにしていたのですが,「今朝」とは思ってもいませんでした。
見ることができませんでした。
でも,放送されたのですから,うれしいです。
--
フェイスブックに「日本基礎学習ゲーム研究会」のグループを作りました。
設立して25年ぐらいになるのでしょうか。
若い頃頑張って取り組んでいたことが,今の算数ソフトにつながっています。
FBにグループを作ることで,個人的に歴史がつながった感じがしています。
機関誌は山本幹雄先生が発行してくれているメルマガ「ぼうけん」です。

フェイスブックのグループに参加してみたい方,いらっしゃいましたら,お申し出下さい。

b7832今,算数ソフトを海外に広めて下さる方々と一緒に,あれこれ地道な活動を続けています。
そんな皆さんといっしょに,算数ソフトのみならず,日本の教育を海外に伝えられたらと願っています。
「日本基礎学習ゲーム研究会」もその応援ができたらと思っています。
--
関連記事: