Category Archives: 外国語活動(英語)

内田聡先生の学校で「1,2,3,ダー!」

内田聡先生の勤務される南平小学校で外国語活動の授業をしてきました。
日曜日に4年生30名が集まって、授業が進行します。
こういう取り組みを30代の若い先生が実現している姿に、感動をします。
内田先生が、日頃からの学校生活で大きな「信頼」を得ているからこそ、できた授業です。
御許可下さった校長先生にも感謝しております。
また、授業の場作りなどに御協力下さった南平小の先生方にも感謝しています。

こういう事を思うと、任された20分間を一生懸命にやらねばならないなと思います。
単に技術的にどうのと思われる授業ではなく、
心のこもった授業を。
できれば、魂のこもった授業ができたら良いなぁと思うのですが、なかなかそうはいきません。
プランはいつも技術的です。

ですが、この日は、久々に燃える授業ができました。

右の板書。
20分間の外国語活動の授業中に、私が書いた板書です。
日付の上に「ダー!」と付け加えました。
下から読んでいくと、アントニオ猪木の「1,2,3,ダー!」になります。

猪木のフレーズを授業中に使うとは、思ってもいませんでした。
この日、クラスに入って、「ハッ」と思いついたのです。

内田先生が「朝の会」を行ってくれ、その最後に、一人の子のスピーチがありました。
それが、
「元気ですか!
元気があれば、何でもできる!
1,2,3,ダー!」
だったのです。

このときのクラスは4年生が30名。
日曜なので、3クラスから希望者が集まっています。
いわば、「クラス解体後の新学期の初日」です。

1,簡単に一体感を作れる!
2,困難に打ち勝ち、前向きな気持ちになる言葉だ!
3,掛け合いができる!

三拍子そろっています。
これを活かせば、私のエネルギーも猪木並みになるであろう!

先生「元気があれば!」
スピーチの子「何でもできる!」
先生「1,2,3!」
全員「ダー!」

これを5回以上やったでしょうね。
吉本喜劇のコテコテに近い状態です。

授業後、先生方がみんな教室を出た後。
内田先生が帰りの会を行っていました。
そこで子ども達のスナップを一枚撮りました。
諸問題あるので、その写真はアップできません。
そこには、「心底楽しい!」との雰囲気に包まれた子ども達が写っています。

後日、内田先生からメールをいただきました。
次のように書いてありました。
--
本校の若手が
「横山先生にまた会いたい!」
「あんな風にしゃべってみたい!」
と興奮気味でした。
--
内田先生に大感謝の一日でした。ありがとうございました。
--
関連記事:

外国語活動のソフトに釘付け!

南平小学校で、4年生の子30名に外国語活動の授業をしてきました。
授業時間は20分間。

5巻の「509_H2L4 Where is the school? 1」のソフトが登場し、大型テレビに映し出されたら、子ども達のやる気はマックス!
目はテレビに釘付け状態でした。

ここで、やり方の説明となるのですが、ちょっと普通の先生はやらないであろう方法で行いました。

このゲームのやり方を先生は忘れてしまったので、子ども達にやり方を考えてもらったのです。
ワイアレスマウスを一人の子の机の上に置き、「1分以内にやり方を見つけて下さい」と条件設定をしました。(この1分というのは正確性をもっていません。「はやく見つけなさい!」という意味なのです。)

そこからは、私はただ黙って見ていました。
マウスを任された子がクリックすると、周りからアドバイスの声が飛びます。
すぐ近くの子はもとより、遠く離れた席の子までが、声を出して応援をしています。
隣同士での話し合い、班での話し合い、クラス全体での話し合いとは、またひと味違う、「新感覚の話し合い」が展開されました。
集中しつつ声を発している子どもの様子をほほえましく見ていられる自分が幸せでした。

それから、子ども達にやり方を聞き、実際にやってみる展開になります。
普通なら、先生がやり方を説明して、子どもがそれを聞いて・・・となるのですが、流れが逆になります。
子ども達がクラスの子だけでなく、先生にも分かるようにやり方を説明してくれるのです。
説明能力を測ることができます。
ありがたい流れです。
そうして、私は言われたことを受けて、進行していけばいいのです。
そうこうしているうちに、子ども達は何度も英語の発音を、集中して聞いてしまいます。

授業ではできませんでしたが、この先、子ども達に聞く予定だったことを書いておきます。
・何を勉強するソフトなのか考えましょう。

学習のねらいをソフトから読み取ります。
こういう流れを作ると、たいてい子ども達は欲張った所まで見つけてきます。
それを聞いて、
Aランク--最低限の学習(turn left, go straight, turn rightが分かる)
AAランク--問題文を言える
AAAランク--お礼を言える
などと、学習ランクを設定して、ソフトを楽しみます。

そうして、最後はこれまでの外国語活動でもやっているような、「ターンレフト」などと言いながら、教室を実際に歩く。
そんな流れとなっていきます。

この日は、ソフトの初のお披露目でもあったので、「509_H2L4 Where is the school? 1」に続く、「510_H2L4 Where is the school? 2」を見せました。
子ども達はチャレンジ精神満々となりました。

その盛り上がりのところで、終了となりました。
--
『子どもが夢中で手を挙げる 外国語活動』のソフトは、24日に発売となります。
アマゾンで予約できますので、「新感覚の授業」を展開したい先生、ぜひ、ご予約を!
『Hi, friends!』1対応 1巻 2巻 3巻
『Hi, friends!』2対応 4巻 5巻 6巻
--
関連記事:

 

外国語活動のソフト

『子どもが夢中で手を挙げる 外国語活動』の発売は24日です。
もうすぐですね。
楽しみです。

右は、その第1巻の1つ目のソフトです。
学習できることは、主に2つ。
1つは、1~20の数。
2つは、物の名前。

1から10までなら、子供達も知っていると思います。
ですので、力を入れてほしいのは11から20の数です。
それが学習しやすいように作られています。

また、物の名前はアイコンをクリックすると発音されます。
しかも、1個の時は、ドッグ、アップル、デスク・・・と単数形で発音され、2以上の時は複数形で発音されます。

タイトルの「Let’s count」の右脇にスピーカーマークがあります。
スピーカーをクリックすると、タイトルを読み上げてくれます。
こういうの、ありがたいですよね。

この外国語活動のソフトは、アマゾンで予約可能となっています。
『Hi, friends!』1対応 1巻 2巻 3巻
『Hi, friends!』2対応 4巻 5巻 6巻
英語にちょっと心配がある先生、英語をいっそう盛り上げたい先生、ぜひ、御予約を!!
--
明日、南平小学校の4年生の子らに、この外国語のソフトを使って授業をしてきます。
予定では、5巻に入っているソフトを使います。
楽しい授業になりそうです。

英語で思い出しました!
中学生の時の英語の先生が教えてくれた英語クイズです。
Pの中と上にGがあります。
これは何でしょう?

正解は、「ピンポン」です。
ping pong
こんなクイズを今でも覚えているのですから、私には衝撃的に楽しいクイズだったのでしょうね。

外国語活動のソフトも、そのぐらいインパクトがあるように思えています。
クラスのやんちゃな子にワイアレスマウスを回したら、きっと良い子になって「ブルーペンシル」などと言いながら、クリックしてしまいそうですね。
--
関連記事:

外国語活動ソフト、サンプル版・リーフレットがアップされました。

外国語活動のソフト、その「サンプル版」と「リーフレット」(パンフレット)がさくら社サイトにアップされました。
サンプル版には6本のソフトが収録されています。
機能制限されていますが、「こんな感じなのか」という感触は伝わります。
リーフレットもダウンロードできます。
また、「ご利用の手引き」と「「Hi, friends!」対応表」もダウンロードできます。
ご購入前に、ぜひ、御覧下さい。
<こちら>です。

製品は24日発売ですが、アマゾンで予約可能となっています。
『Hi, friends!』1対応 1巻 2巻 3巻
『Hi, friends!』2対応 4巻 5巻 6巻

外国語活動にちょっとでも不安がある先生、
外国語活動を、いっそう楽しい授業にしたい先生、
ぜひ、御活用下さい。

18日(土)には、東京の南平小学校で、この外国語のソフトを使って、ほんの短い時間ですが、私が授業を致します。
楽しみです。

右のソフトは4巻に収録されている行事を通して「月の名称」を学ぶソフトです。
2択クイズになっているので、やり方が分かったら、バンバン手が上がってきますね。

最初は山勘!それでも2択なので正答率は50%あります。
それが、次第に当たるようになるので、正答率がアップしてきます。
どんどん楽しくなりますね。
--
関連記事:

野口塾in南平小学校は、今度の土曜日です!!

土曜日に開催される野口塾in南平小学校。
午前中が授業。
午後から講演会。
授業と講演をするのは、野口先生、山中先生と私です。

先ほど、事務局の内田先生から電話があったので、現在の参加者について尋ねました。
すると、すでに50名を超えているとのことです。
年度末の忙しい中、ありがたいと思います。
こんなにたくさんの先生方が集まって下さるのは、野口先生と山中先生のなせる業です。

午前中の授業を受ける子ども達ですが、こちらは4年生が30名も集まっているそうです。
私は10名ぐらいと思っていたので、何が子どもたちをひきつけているのか、それが気になりました。
すると、南平小学校では、『子どもが夢中で手を挙げる 算数の授業』を使っているので、その先生がやってくるということもあって、子ども達の参加人数が増えているのだそうです。
どうも、私は子ども達に人気があるようです。

その私の授業は、新作の『子どもが夢中で手を挙げる 外国語活動』です。
24日に新発売になるソフトを、全国に先駆けて南平小学校で使って授業をします。
子ども達もきっと喜ぶと思います。

今、アマゾンを見たら、外国語活動のソフトの予約が始まっていました。

『Hi, friends!』1対応
1巻
2巻
3巻

『Hi, friends!』2対応
4巻
5巻
6巻

これがあると、新感覚の授業になりますね。
教室にドーンと映し出して、ワイアレスマウスをみんなで回して、元気な声で英語で言って・・・。
良いですよね。

土曜日の授業が楽しみです。
お時間のある先生、ぜひ、御参加下さい。
--

外国語活動のソフト、数の読み方の規則性

明日は、チーム算数。その後、続けてSG会です。
深澤久先生と一緒に行った「主張ある道徳授業を創る!」セミナーが面白かったので、その話を少し、チーム算数でしたいと思っています。

あっ、思い出しました。
セミナーで「道徳のそもそも論」について話す予定でした。
ところが、偶然、藪田先生の発表の中で、そのことが話として出てきていました。
ですので、私は特に話すことも無かろうと思い、「道徳のそもそも論は割愛します」と言いました。
すると、すかさず会場から、「聞きたい!」と声があちこちから上がりました。
こういう反応は予期していなかったので、少々びっくりしました。
同じ話なのですが、私の口からどう説明されるのか、それを知りたかったのかもしれません。そんな風に感じたので、これはしっかり話さねばと思いました。そうしたら、口元がさらになめらかになり、また、若い先生をかまってしまいました。

3月中旬発売予定の英語のソフト。
4巻には、なんと1000までの数の学習ができるソフトが入っています。

ソフトを見ながら、「あっ、そうか!」と、数の読み方の規則性に気がつく子が出てくると、嬉しいですね。
まさに、「一を聞いて十を知る」状態になりますね。
こういう気づきの瞬間が、学びの大きな喜びになります。
北海道の福嶋学級の子は、先生が規則性に気づかせる授業をしているので、みんな大喜びで取り組むと思います。

このソフトの名前は『子どもが夢中で手を挙げる 外国語活動』です。
3月中旬発売予定です。御期待下さい!
--
関連記事: