Category Archives: SG会

SG会の課題図書『本物の思考力』は面白いです!

次回のSG会の課題図書、『本物の思考力』です。

著者の出口氏は現在年商100億のライフネット生命の会長です。60で定年をした後、生命保険の会社を設立し、今日に至っています。
そこから、私がレポーターとなりました。
退職後に会社を進めているつながりからのようです。

この本は読んで力が湧いてきます。
自分の人生を少し大きめに生きたい方にお勧めします。

気になるのは「腹落ち」という言葉です。
普通は「腑に落ちる」と使うところですが、それを略して「腑落ち」というと、意味が通じにくいです。
「腹落ち」
もう少ししたら、私の頭にも馴染むと思います。

次回のSG会は5月20日(土)です。
同じ日に、チーム算数も開催します。

その一週間前の13日(土)は野口塾ビギナーズの10回記念大会です。
参加者が26名となっています。募集が50名ですから、満席になるかもしれませんね。
私の出番は午後からです。
「『道徳読み』による教材解釈/題材『ブランコ乗りとピエロ』」をお話しします。

講座でお話しできるかどうかわかりませんが、この作品には次のように書かれています。

「団員たちは、サムに対するいかりと、ピエロに対する同情で固く口を閉ざしていた。」

国語で教材研究をすると、「いかり」は「怒り」と書くことや、「同情」はかわいそうと思うことであり、「固く口を閉ざしていた」を擬態語で表すと「ぎゅっと」となることなどを考えていくことになります。

それが道徳での教材研究になると、考えてメモする事柄が変わってきます。
「いかり」から教えるべき道徳は何か。
「同情」は何の基なのか。
「口を閉ざしていた」団員は立派か。

こういうようなことを考え、メモしていくと、次第にどこに力を入れるべきかも見えてきます。
また、この作品の場合、すっぽりと漏れ落ちしている道徳があることにも気づいてきます。

私程度の読みでも、道徳の読み物教材は「面白い!」と感じ取れています。
若い先生方がどんどん勉強をしたら、「非常に面白い!」と感じ取れるレベルに高まるでしょう。

教卓に日めくり論語。道徳が教室にじんわりと広がります。
--
関連記事:

来週の土曜はSG会!課題図書は『議論を逃げるな』です!

前田康裕先生の『まんがで知る教師の学び 2』が、アマゾンの学校教育部門で1位になりました! 皆様の応援に感謝しています!!
--
来週の土曜日は、明石先生のSG会です。
今回の課題図書は、宇佐美寛先生の『議論を逃げるな――教育とは日本語――』です。
レポーターは、付属中の桐島先生です。
どんなレポートになるのか、とても気になるのですが、当日、私は参加できません。

また、この日は、滝澤先生が「道徳読み」の実践レポートを提案されます。
こちらも、気になります。
でも、話を聞くことができません。

まあ、こういう事もありますね。

滝澤先生が発表される「道徳読み」の題材は「あとかくしの雪」と思います。
この「あとかくしの雪」は、いろいろと道徳がちりばめられていて、面白い作品です。

私が、かなり高いレベルで注目をしているのは、「貧乏」です。
好きこのんで貧乏になる人はいません。
でも、自分の意志とは無関係に、貧乏になってしまうことがあります。
特に、今の子は6人に1人が貧乏と統計で言われています。
ここに向き合うのは道徳の役割と私は思っています。
さてさて、どう考えると良いのでしょう。
いつか、どこぞのセミナーでお話をしたいと思います。

「道徳読み」については、この先、次のセミナーでお話をする予定です。
◆5月13日(土)野口塾ビギナーズ--東京にて
テーマ:「道徳読み」による教材解釈/題材「ブランコ乗りとピエロ」
◆6月10日(土)第2回 主張ある道徳授業を創る!--埼玉にて
テーマ:「道徳読み」を身につけよ!/題材「あとかくしの雪」
◆6月25日(日)野口塾in大阪
テーマ:未定(「道徳のそもそも論」と「道徳読み」を予定)

「道徳読みに関心があるなぁ」と言う先生、お近くで開催されるセミナーへお越し下さい。

足腰の強い道徳は、その根底に論語が染みこんでいます。
新年度も『日めくり論語』でスタートして欲しいですね。道徳が漢方薬のようにジワーッと広がっていきます。
--
関連記事:

SG会に国際部?

SG会は第一部「勉強会」、第二部「懇親会」に別れて開催されています。

「懇親会」の部で付属中で数学を指導されている浜田先生と、数学について語らい、妙に盛り上がりました。
浜田先生は海外の数学事情に興味を持っておられるとのことで、そのことでも話しが弾みました。
すると、ボーイスカウトなどを通して、国内はもとより海外事情に詳しい小林氏と3人でさらに盛り上がり、勢い余って「SG会の中に国際部をつくりましょうか」となりました。

私は、次会(次会は欠席なので、その次の回)に、アフリカの教科書を持って行くことになりました。
教科書を見るだけでも、教える事への考え方の違いが手に取るように分かります。

写真は、ルワンダの丘の上にある小学校の校舎です。
校庭から見えるところに、ペイントされた掲示物が描かれています。
理科の内容が多かったので、きっと大規模な理科プロジェクトがあったのだと思います。
ユニセフの取り組みとのとです。

教室の外壁にこういうのがたくさん描かれていると、教室の中もさぞかし充実しているのだろうなと思えてきます。
しかし、教室の中は掲示物がほとんどありません。
掲示物という文化が感じられません。
ですので、当然、「教室環境」という考え方も無い状態です。

「教室環境」「机間巡視」「一斉指導」「班学習」「板書計画」・・・
私が新卒だった40年前にも、日本ではこうした言葉が存在していました。
日本の教育現場は、優れた教育思想に満ちあふれています。
「教育文化の高い国」それが日本なのだと、つくづく思います。
浜田先生たちと、国際貢献できる日が来たら、嬉しいなとふと思いました。
--
関連記事:

SG会に参加

土曜日にSG会が開催されました。
いつもながら、明石先生のコメントに驚かされます。
このことは、一緒に参加した城ヶ崎先生、佐々木先生、藪田先生も言っていました。
どんな風に凄いのかは、SG会に参加して肌で感じ取って欲しいです。

個人的にグイッと来たのは、朝日小学生新聞に「ニャ~るほど 論語道場」が週一で連載されていることでした。
その1回目と15回目が配布され、15回目は「故きを温ねて新しきを知る」でした。
選んでこの条の載っている号を持ってきたのだとしたら、提案した白石氏はさすがとしか言いようがありません。
なぜなら、この条は、この後に「もって師となるべし」と続くからです。

SG会は月一の開催ですが、毎月課題図書が出てきます。
昔のことを記した本もあります。
それを参加している先生方読んできます。
まさに、温故知新にふさわしい会なのです。

また、滝澤先生のレポートはいつも道徳に関する本を読んでのレポートです。
今回紹介された本は、私も読んでみようと思い、目下注文中です。

どうにも、論語が好きなので、SG会でも論語・道徳の内容に目がいきます。

そうして、今日も電車の中で『論語』を少し読み、楽しい時間を過ごしました。

「君に事えてよくその身を致す」
何度読んでも、学びになります。
一時の怒りで切った張ったとなってはいけないのです。
まずは、落ち着くことだと勉強になります。

日めくり論語は実にありがたいです。
道徳という名の善玉菌がジワーッと教室に広がるからです。
--
関連記事:

SG会 伸びる子の3条件

「第10回 実感道徳研究会全国大会」の申し込みがコクチーズにアップされていました。<こちら>です。
アップされたばかりだったようで、参加者の数は0でした。アップされる前にお二人の先生から「参加します!」とお声をいただいていたので、近々、2にはなります。
午後からの私の講話で、「道徳読み」を実際に行いますので、関心のある先生、ぜひお越し下さい。
--
土曜日は、明石先生のオフィスでSG会が開催されました。
オープニングは、いつも、明石先生の話題提供です。
今回も良いお話を伺うことが出来ました!
伸びる子の3条件」です。
--
1,返事
2,挨拶
3,素直
--
子どもの頃、私に欠けていたのは・・・と思いめぐらすと、妙に、反省の気持ちになります。
もう少し返事をしていれば・・
もう少し挨拶をしていれば・・
もう少し素直でいたならば・・
人生が大きく変わっていたように思えます。
悔いても始まりませんので、せめて「これからは」と思います。

今回はモンゴルの先生が参加していました。
今現在、東京の八王子に住んでいて、そこから、千葉までやってきたのですから、これは「すごい!」です。
また、日本語が流暢。
第1部の「勉強会」が終わり、第2部の「懇親会」で少しお話が出来ました。
うれしいことに、算数ソフトに興味を持ってくれているとのことでした。
SG会にはこういう珍しい交流があるので、ありがたいと思っています。
--
関連記事:

SG会に滝澤先生

土曜日は、楽しみにしていたSG会でした。
今回は、木更津から滝澤真先生が初参加しました。
野口先生の木更津技法研にも参加している教頭先生です。
学級経営や道徳が専門です。
次会からのレポートが楽しみです。

その次会には、佐倉の佐々木智光先生が参加予定です。
国立歴史博物館で講師を務めるなどする実力者です。

SG会のメンバーがどんどん濃厚になっていくので、この先どうなっていくのか、さらに楽しみが増しています。

b7379次会は、12月17日(土)。
課題図書は、『跳び箱に手をつき骨折する子ども』です。
今日、東京の三省堂で購入しました。
半分ほど読みましたが、軽く読めて、「なるほど」も入っている良い本です。
「立腰」まで言及していける内容なのですが、そこまではまだ出てきていません。
立腰が記されて欲しいですが、何となく、出てこないまま終わるような予感がしています。

SG会の後は、いつものように城ヶ崎先生と「論会」です。
「論会」というのは、道徳を主とした考え方の会です。
論会の半ば頃でしょうか、城ヶ崎先生が「道徳のそもそも論」を説明し始めました。
軸は2つ。
特にぶれることもなく語っていたので、それが実にうれしく思いました。
思わず、「勉強していますね」と言いました。
--
関連記事: