Category Archives: 道徳

8月26日のセミナー、好評に付き増席。でも残席4!

8月26日(土)のセミナーに「好評につき増席!!残り5名」と出ていました。
事務局の内田先生に尋ねたら、現在39名とのことでした。
そうして、残席は4席です。
40名前後のにぎやかなセミナーになりそうです。

このセミナーは主に山中伸之先生がお話をしてくれます。
毎年、数冊の本を出している優秀な先生です。
ハッとするところが次々と話に出てくるので、私自身がとても楽しみにしています。

私は2コマお話しします。
--横山験也の1コマ目---
15時00分〜15時50分 特別講座:横山験也先生
『道徳の教科化直前! 「道徳読み」で授業をしよう!』
道徳の教科化に伴い、来年度から本格的に教科書を使って道徳の授業をするようになります。主体的・対話的で深い学びの道徳を誰でも簡単に実践できるのが、「道徳読み」です。どの読み物教材でも授業できると評判です。この機会に「道徳読み」を学びませんか。
--------------
今話題の「道徳読み」の話をします。
題材として「ブランコ乗りとピエロ」を使う予定です。
緩やかな模擬授業をしますので、「道徳読み」は使える!と思っていただけたら最高です!

もう一コマお話しします。
--横山験也の2コマ目---
17時40分~18時10分 特別講座②:横山験也先生
「算数ソフトで新感覚の授業をしよう!」
算数の教科書を自力で読める子を育てたいと思いませんか。算数ソフトを使った新感覚の授業でその道が開けます。算数ソフト『子どもが夢中で手を挙げる算数の授業』を使いながら子供達をあっという間に魅了する話術も体感できます。
--------------
算数ソフトを使う授業です。
「算数の授業でどんな力を付けたいのか」という問いを出されたら、私は「教科書を自力で読める力」と答えます。
それには、算数ソフトを使うことが最適です。
そんな話を楽しく語ります。

あと4名の方が参加できます。
ちょっと気になるなぁという先生、ぜひお申し込み下さい。
<こちら>からお申し込みできます。

今日も論語を読みつつ、道徳の奥深さに感じ入りました。
道徳を好むようになっても、学問をして悟らないとダメですよ、というようなことが書いてあり、そうなんだよなぁとつくづく思いました。

『日めくり 教室論語』は良いですね。
--

「宥座の器」が『孔子家語』に

日曜日、野口家への出立時刻にはまだ間があったので、少し『孔子家語』を読んでいました。
すると、「宥座の器(ゆうざのき)」の話が出てきて、おやまあと驚きました。
『荀子』に出ていることは知っていたのですが、『孔子家語』にも出てくるとは思ってもいませんでした。

そして、野口家へ。
お昼の散策で、山中先生がいつものように野口家ガイドをしてくれます。
その中に「宥座の器」もあり、なるほどと思える素晴らしい語りで聞かせてくれました。
山中先生は宥座の器の資料も用意してくれています。
それを開いたら、出典が私の読んでいた『孔子家語』だったのです。
嬉しくなりました。
こういうこともあるのだなぁと良い気分でした。

良い機会のですので、家に帰り、「宥座」を調べました。
辞書には直接は出てこないですね。
こういう時は、漢和辞典で第1漢字を調べると、案外出てくることがあります。
やってみたら、出てきました。
宥座=人君を鑑戒する。〔字通〕

「鑑戒」の意味が分かりません。調べると・・・。
鑑戒=戒めとすべき手本。また、戒めとすること。戒め。かがみ。〔日本国語大辞典〕
すると、今度は「人君」が怪しい気分になりました。
人君=人の君たるもの。君主。帝王。〔日本国語大辞典〕

だいぶ分かってきました。
上に立つ人が自分自身への戒めとして使う器ということです。
「省みる」を促す器と言えます。
良い勉強になりました。

野口家について座に座っていたら、見覚えのある先生が近づいてきました。
名古屋の佐々木直美先生です。
快活ないい感じの先生です。
すぐに、あれこれ話が始まり、特別支援校、支援級での話をたくさん聞かせてもらいました。
最後の方は、お涙を頂戴いたしました。朝から血行もよくなりました。

宴会でお名前を聞いた先生が、実は昔からの知り合いでした。
茨城の田上和久先生で、今は教頭先生をされています。
役所柄かとても貫禄のあり、まったくわからなくなっていました。
大変失礼なことをしたと思っています。
でも、久しぶりにお会いしての話はとっても楽しかったです。

そうして、夜も更けたころ。
松島先生と算数談義。
松島先生は算数を教えるのが好きと言う程度の先生ではありません。
話題が「緑表紙の算数は・・・」と始まります。
記憶の奥の方にあるあれこれを引っ張り出して話を聞きました。
若い先生と算数の話ができるのもありがたいことです。

8月にも流しそうめん野口塾があります。
仙台の竹川先生御一行様が参加する素麺塾です。
近くのなので少し顔を出そうと思っています。
--
関連記事:

瀧澤真先生の「道徳読み」レポートがナイス

SG会に参加しました。
いつもながら、大量のレポートが出て、一つ一つに明石先生の的確な指摘があり、とても勉強になりました。
8月は例会がありませんが、9月は16日に開催します。しっかり、参加したいと思っています。

今回のレポートの中に、「道徳読み」がありました。瀧澤真先生のレポートです。
目を引いたのは、「道徳読み」と国語での読みとの比較が示されていた所です。
「道徳読み」の5つのパートと国語を比較してくれました。
これはとても分かりやすく、なるほどと思った次第です。

また、「道徳読み」のアレンジも記されていました。
これもありがたいことです。
「道徳読み」が次第に良い流れになっていると感じています。
うれしいですね。

明日は野口家での流し素麺塾です。
瀧澤先生も参加します。
少し、「道徳読み」について語らいたいと思っています。

熊谷青士先生からも『日めくり 教室論語』ニュースを受けました。
これも良い内容です。来週中に詳しく書きたいと思います。
--
関連記事:

「忠告」の「告」のナイスな読み

16日(日)に開催される流し素麺野口塾in野口家。
いよいよ、今度の日曜日です。
23日(日)の流し素麺野口塾は、すでに満席ですが、16日の部はまだ少しだけ残席があるようです。
今からでも参加してみたい!と思われる先生、<こちら(山中伸之先生のブログ)>を御覧下さい。

野口先生の御自宅の敷地(かなり広い)を散策するのも楽しいです。
また、野口先生の書斎(と言っても、一軒家)を見学するのも楽しいです。
名人の進行形の仕事場を見学できます。
妙に胸打つものがあります。

今日もちょっと『論語』を再読していました。
「告」という漢字について、「しかと伝える」と出ていて、ちょっと響きました。
単に「つげる」のではなく、「確かに伝える」ということなのです。
すると、忠告は心を込めてやんわりと言いつつも、きちんと伝えるべきを伝えると言うことになります。
こういう解釈ができることがうれしいことです。

忠告のできる人が、「助ける友達」なのです。
「助ける友達」には2タイプあります。
1,困っている時、手を貸す。
2,悪い方に歩んでいる時、忠告する。
そうして、親しんでいる間柄が本当の善良な友達ということなのです。

やっぱり、論語は良いですね。
『日めくり 教室論語』もありがたいです!
--
関連記事:

6年前の『現代教育科学』貝塚茂樹氏の論文、光っていました

2011年の『現代教育科学』4月号。
特集テーマが「「道徳教育」で伝えたいことは何か」。

あまりの暑さでちょっと休憩していた時、ふと、背表紙のこの文字が目に入り、サラッと読んでみました。
巻頭の梶田叡一氏と貝塚茂樹氏の論文、光っていますね。勉強量が違うということが、すぐに伝わってきます。

貝塚先生の論文タイトルは「修身科はいまだに精算されていない」です。
そこに、柔道の嘉納治五郎の考えが記されていました。
--
嘉納によれば、そもそも道徳教育には、「邪悪正邪を明らかにする」智的な側面と、それを基盤とする意志の鍛錬と習慣の形成の側面が重要である(p25)
--
読んですぐに、「これは道徳読みの解説か?」とも思いました。

「道徳読み」のパート2は、明らかに「正邪を明らかにする」活動です。しかも、言われてするのではなく、子供達が自分で見つけてくるのです。

「道徳読み」のパート5が目指しているのが、「意志の鍛錬と習慣の形成」です。自分自身に省みることで、人の意志は強くなるからです。

智的な側面」というのは「道徳読み」の「学問道徳」です。これを積むことで人の図に示した第二の天性(習い性)が「習慣の形成」となります。

貝塚氏は論の最後を次のように締めくくっています。
--
修身科が問題点を抱えていたということと、修身科を感情的に否定するということは、そもそも次元が違う問題である。大切なことは修身科の功罪を検討することで新たな道徳教育の可能性を探ることである。その際、こうした修身科に対する批判のいずれもが、徳目を「教える」という道徳教育の本質的な役割を否定したものではないことは決して看過すべきはない。(p25)
--
上から押しつける形で授業をしたら、道徳ほどやる気を失う勉強はないでしょうね。「心は自分から」というのが基本だからです。そこを押しつけてしまったら、うまく行くものもダメになっていきます。
それが戦前の修身の授業スタイルだったのです。

こういう事が分かると、指導法と徳目とを別物として考え進める必要がある事が分かります。まあ、そんなことはイロハなのですが、どうも戦前のことになると理屈抜きで全部ダメという考え方があります。頑固にはなりたくないものです。
--
関連記事:

「学問道徳」が指導のパワーをアップする

8月26日(日)に東京のセミナーで「道徳読み」の話をしますと2日前に書きました。
その時は申し込みが6名でした。
それが、今、16名になっています。
募集が30名ですから、はやくも半数を超えたことになります。
道徳を学ぶ先生が多いと、日本の将来は明るくなります。
ありがたいことです。

このセミナーの名称は、「第8回 いつも上手くいく先生の学級経営・授業づくり講座」です。
メイン講師は山中伸之先生です。
山中先生は実感道徳研究会の会長でもあり、私の親友でもあります。
生きる姿そのものが道徳の先生です。
今回のセミナーでは山中先生の道徳の話はありませんが、学級経営の良い話しが満載です。お時間のある先生、ぜひ、御参加下さい。

「道徳読み」は、平素の道徳力でもそれなりに手応えを感じる授業ができます。
そこに「学問道徳」が加わると、指導のパワーがアップします。

2月に大宮で「道徳のそもそも論」を話しました。
参加した先生方が大変ビックリして、大いに感心してくれました。
そもそも論も、学問道徳の一つです。

この時の講座で、人は大雑把に言って、頭・体・心に分かれているということを「人の図」を使って話しました。
頭や体の道徳と心の道徳を分けて考え、それぞれの特徴を示す程度の話です。
話としてはとても簡単ですが、不思議とずっしりと響きます。

この話しが分かっていると、「道徳読み」が頭の道徳と心の道徳に分けて考えているという論理がすんなり入ってきます。

 

論語を少し読んでいる先生は「学問道徳」の大切さが次第に強く分かってきます。
学ばないと分からない道徳もあるからです。

『日めくり 教室論語』を教室の先生の机の上にぜひ置いていただきたいです。
--
関連記事: