Category Archives:

4月29日は「子どもが育つ5つの原則」セミナー!!

4月29日(土)の「子どもが育つ5つの原則」セミナーへ参加すべく、申し込みをすませました。
会場は茨城県の土浦です。
あの実力者の宮内主斗先生が出ずっぱりのセミナーです。
これは中味が濃くなります!
遅れないように出立し、しっかり拝聴したいと思います。

コクチーズには、↓の内容が記されています
--
4月出版の『子どもが育つ5つの原則』 その著者宮内主斗による半日講座です。
気になる子もどの子も,WIN-WINになるように育てましょう。

13:00 13:30 ブース発表(いろいろな実践発表があります),受付

13:40 14:45 子供を伸ばす5つの原則
模擬授業をしながら,原則を確認。

14:50 15:10 子供をほめる計画を立てよう
形式を気にせずにまとめる学級パワーアップの案作り

15:15 16:00 ほめること叱ること
気になる子への効果的な叱り方
子どもと教師がWIN-WINになる叱り方とは?

16:05 16:40 効果的な教材研究
学習が遅れがちな子にも何とかできる方法とは?
--
ゴールデンウィークのスタートが充実します!

SG会、5月の課題図書『本物の思考力』の一節です。
「勉強しなければ脳は鍛えられません。」
これは、本当にそうだと思います。
集中して勉強した領域は、やっぱり切れ味が良くなります。
IMを使ったルワンダでのプロジェクトでも、勉強してきたからこそ叶ったところが多々あります。
宮内先生の指導力も勉強によって成り立っていることが、『子どもが育つ5つの原則』から伝わってきます。
勉強する先生方と茨城でお会いできます。楽しみです!
--
関連記事:

学陽書房から城ヶ崎先生の新刊!

学陽書房から城ヶ崎滋雄先生の『高学年児童と「ぶつからない」「戦わない」指導法!』が刊行されました。
毎月、チーム算数やSG会で会っている友だちが、こうして本を出すのは、嬉しいですね。

高学年のベテランですので、内容はしっかりしています。

Chapter1 指導の前に要チェック! 今時の高学年児童はこんな子どもたち
Chapter2 指導のヒントがここに! 高学年児童は、こんな教師を望んでいる
Chapter3 指導の基本! 高学年児童は、とことん「良さ」を引き出せ!
Chapter4 まずは見方を変える! 困った高学年児童はこう指導する!
Chapter5 ここがポイント! 高学年女子と男子の指導法

初めて高学年を受け持つ先生は、こういう本を先ず読んでおくといいですね。
--
5月6月のセミナーでは、道徳の話が中心になっています。
「ブランコ乗りとピエロ」を題材とするセミナーもあります。

この「ブランコ乗りとピエロ」を国語として教材研究すると、例えば、次のようになります。

1,「ブランコ」は片仮名ではなく、平仮名で書きたいですね。なぜなら、江戸時代に使われ始めた和語だからです。それ以前は「ゆさはり」と言われていました。
2,ぶらんこを漢字では「鞦韆」と書きます。板書して、漢字に触れさせたいですね。でも、子ども達がノートをとるのときには、仮名書きでOKです。
3,「ピエロ」はフランス語です。外来語なので片仮名で書きます。日本語でいうと、「道化師」ですね。滑稽なことをする役者です。

と、このように言葉に着目して言語力アップにつながる内容を見つけ出していきます。

道徳でも教材研究をしますが、国語とは違う内容になります。
どんな内容になるのかは、5月13日(土)の「第10回 野口塾ビギナーズセミナー記念大会」でお話します。
ぜひ、御参加ください。

日めくり論語を教卓の上に是非!
道徳という善玉菌がじんわりと教室に広がります。
--

宮内主斗先生の『子どもが育つ5つの原則』、本日発売日

今日は、宮内主斗先生の新刊『子どもが育つ5つの原則――特別支援教育の視点を生かして』の発売日です。
嬉しいですね。

宮内先生の出版記念、「子どもが育つ5つの原則」セミナーが茨城で開催されます。
今月の29日です。
お近くの先生、ぜひ、御参加下さい。
--
ルワンダの情報もいろいろといただいています。
私の注目は、やはり新指導要領です。

ルワンダでは、4年生で「負の数」が出てくることになりました。
その教科書を見ているのですが、かなり、色濃い勉強をしています。

負の数は、日本では中1からです。
学習環境の整っている日本でも、中1で扱うほど、理解しにくいのが負の数です。
環境が残念な状態にも関わらず、「4年で負の数」を教えていくルワンダの教育、その意気込みを感じます。

しかし、負の数を理解させていく指導は、なかなか難しいです。
そこをどうやってクリアできるようにするか。
今、そんなことを考えています。
--
関連記事:

良い姿勢で、友だちを待てる子

11日は、宮内主斗先生の『子どもが育つ5つの原則――特別支援教育の視点を生かして』の発売日です!
楽しみですね!!
--
◆ 「速く終わった人は、良い姿勢で待ちましょう。」

私が若い頃、「空白の時間を作るな」という指導が広がりました。
「なるほど!」と思った私も、その指導を取り入れ、速く終わった子には次なる課題を与えるようにし、「何もしない時間」を作らないように努めていました。
最初の内は、なかなか面白く、「指導はこうでなければ!」と思っていました。

しかし・・・。

次第に、妙な感触が自分の中に湧き上がってきました。
「どうにも、せわしない。」

あれこれ思いが巡り、良い姿勢で待つ指導に切り替えました。

得られた効果は、「落ち着き」でした。

私が小学生の頃、習字の時間が始まると、黙想が行われていました。
心を落ち着かせてから、取り組むためです。
墨を硯でする時も、黙想の延長として黙って行います。
先生は、小さな声で「心を落ち着けましょう」「落ち着いていますか」などと言葉かけをしてくれていました。
腕白だった私も、このときは、しおらしくしたものでした。

「落ち着く」というのは、浮ついた心が本来あるべきポジションに落ちて来て、くっ着くことです。
心はちょっとしたことで、ホームポジションから離れて、ふわふわ飛んでしまいます。
姿勢良くしている時に、軽く深呼吸をして、友だちを待てる心づくりができたら、いいですね。
--
関連記事:

指導要領に「前文」。良いですね!

新しい年度になりました。
新学年が始まります。

今年度で、退職をしてから17年目に入ります。
それでも、まだ、教育に関わってあれこれ思いを巡らしています。
これも、皆さんのおかげと感謝しています。

ところで、指導要領がアップされましたね。
驚いたのは、憲法のように「前文」がついていることです。
これは分かりやすいです。
教育の目的も、5つの目標も、すぐに分かります。
そこから、学校がどうすべきかも記されています。

思うのですが、これは野口芳宏先生が常々お話下さっている「目的、目標の話」が文科省に届いたのでは無いでしょうか。
何しろ、講座に参加するほどの熱心な先生でも、教育の目的をよく知りません。
教育の目標となると、その存在すら知りません。
目的も目標を知らずに、指導をしているのですから、少々の危なさを感じます。
こういう状況にある先生方に、ずっと、教育の目的・目標の大切さを語り続けていたのが野口芳宏先生です。

指導要領の「前文」。良いですね!

私は、前文と道徳に関わるところをプリントアウトし、ホチキス止めしました。
手元にあると、何かと便利です。

先日アップされた改訂案、群馬の友人、深澤久先生は全てプリントアウトして、直ちに数回読んだそうです。
力のある先生は、違いますね。

さくら社の野口先生の授業づくりの教科書3部作。
大いに勉強になりますね。

今年退職をされた松澤校長は何度も何度も読み返しています。敬服しています。
松澤校長の御尽力で、今年度中に、野口芳宏先生の国語継承セミナーが始まります。学びの場が増えて、嬉しいですね。
--
関連記事:

黎明書房、古川先生の『学級ワンダーランド』、良いですね!

黎明書房から古川光弘先生の『「古川流」戦略的学級経営 学級ワンダーランド計画』が出ています。

古川先生とは有田先生の継承セミナーで御一緒したことがあります。
有田先生からよく学ばれていて、その上、実に論理的に把握されています。「なるほど」と思ったものです。

その論理的な先生の本のタイルとが、「ワンダーランド」です。よく分からないです。
何だろうと思って読み始めると、すぐに意味が出てきます。
「教室を不思議な空間、おとぎの空間にしよう!」ということなのです。
中味は、古川先生の面白実践や手堅い考え方などが凝縮しています。
そんな中、面白いことが書いてあります。
【鉄則9】行き詰まったら、トイレを磨け!
これも、読むとすぐに分かります。

新年度ですね。
お手元に置いておきたい1冊ですね。

古川先生というと、有田和正先生を思い出してしまいます。
授業づくり、学級づくりにいいですね。
--
関連記事: