Blog

b7965b7967b7966◎10月、ルワンダの教育局のGasana I. Janvier局長とミーティング。IMで合意。
◎7月,ルワンダで英語版算数ソフトIMを使った夏期講習(ブートキャンプ)が開催されました。
◎4月,ルワンダで英語版算数ソフトIMのミーティング
◎3月,バングラデシュで算数ソフトのミーティング
◎9月25日,NHK・BS1「国際報道」でケニヤでの英語版算数ソフト「Interactive Mathematics」を使った授業が放映される。
★算数ソフト『子どもが夢中で手を挙げる算数の授業』「校内フリーライセンス版」が大人気!

チーム道徳??

久々の「チーム算数」を開催しました。
今回は、ほぼ、「チーム道徳」でした。

皮切りは、いつも城ヶ崎先生の学級通信です。
これは、ほぼ定番になっています。

今回は、全校で取り組んでいる算数の意識調査からの内容でした。
「算数の勉強は好きですか?」との問いに、城ヶ崎学級の子が答えた結果が記されていました。
1位 算数ソフトを使って分かりやすく説明してくれる。
2位 先生の説明が分かりやすい。
以下、少数。

説明上手の城ヶ崎先生の説明を押さえての算数ソフトでした。
こそばゆいような感じもしましたが、そこまで使い込んでくれていることをありがたく思いました。

b7351続いて、藪田先生。
袋ファイルから自作算数教具を出したのですが、出して説明が終わるやいなや、私にこっぴどくやられました。ほぼ撃沈です。
でも、ひるまず、次の自作教具を出しました。
なんと、「分数の紙」です。
「お母さんの話」も出したそうです。
非常に良い内容でした。

ここまで快調に算数だったのですが、そこから、一気に道徳のミーティングになりました。
藪田先生は、事前学習研究を進めているのですが、そこからギュッと絞って、「子供達の人生の事前学習」に着目し、目下、「家訓教育研究家」としての道を歩んでいます。
次会から、毎回、「家訓教育研究家」としてのレポートを提出するとのことで、私も良い勉強が出来そうです。

続いて、私から「道徳読み」の話をしました。
1,教材文を素直に読む。一人の人間として素直に読む。
(注意点あり)
2,教材文を道徳という立ち位置から読む。道徳が教えられる所に印を付ける。
この先、3,4,5と行っていったのですが、佐々木先生の頭がフル稼働。城ヶ崎先生もほぼ総力戦。藪田先生も家訓から奮闘。

そうして、全部が終わろうとした頃、日頃から冷静沈着な佐々木先生が、「道徳読みは使える!」と語っていました。
また、城ヶ崎先生は、「早速、授業をします」と言っていました。

「道徳読み」は、自分の力量が反映されるので、道徳を勉強しようという気持ちになります。
なにしろ、道徳読みの「読み」には3段階あります。
--
読みの第一段階:等号で結ぶ
読みの第二段階:∵を明確にする
読みの第三段階:歴史的根拠を見いだす
--
第1段階からして、勉強しないと出来ません。
等号で結ぶ先を自分で言葉にするのです。
知識がないとできません。

こういう学習を、どう勉強したらいいのかは、いろいろあると思います。
私からは、2つの学習法(道徳のそもそも論へのアプローチの仕方)を話しました。
すこしずつ取り組んでいくだけでも、来年の今頃には、こういう講釈を全員が語れるようになります。
そうして、今より、少しだけ心の寛い人生を歩んでいます。
--
関連記事:

忘年会

今年も忘年会に少し参加します。

例年、楽しく開催しているのは、野口先生を囲んでの忘年会です。
今年も開催がきまり、参加者も決まりました。
短い時間ですが、野口先生とゆっくり歓談したいと思います。

今年は、海外で活動中のIM団の皆さんが、日本に一時帰国するので、それに合わせて、プチ忘年会のような会食会が開かれます。
中南米から光長氏、ケニヤから長沼氏、飯野氏。
みんなが一緒に日本に来れればいいのですが、ワールドワイドな仕事をしている人たちです。滅多なことでは同じ日とはなりません。
お一人お一人と、ゆっくり語らいながら、会食をしたいと思っています。

忘年会と言えば、深澤久氏は「望年会」と称した会を開催しています。
一字違いですが、面白い発想ですね。

b7473「チーム算数」は今週末の土曜日です。
月に1度の開催ですので、ふつうだったら12月は忘年会を兼ねて・・・となったりしますが、「チーム算数」はまずそう言うことをしません。
いつも通りに、コーヒーなどを飲みながら、ゆるゆると話します。
今回は、「道徳読み」を話そうかと思っています。
メンバーの皆さんにとって、必要性があるかどうかが前提となりますが、いけそうでしたら、教材文を使ってレッスン的にすすめ、学習構造を話したいと思います。

年末、あわただしいですが、時に論語を開いて、ホッとしたいものです。
--

宇佐美寛先生お勧めの本『日本語』

b7352先日、宇佐美寛先生とお話をする機会に恵まれました。
宇佐美先生は話の途中で、フッと本を紹介してくれます。
今回も、いい本の紹介がありました。
日本語』です。
表紙にも書いてあるように、上巻・下巻の2作になっています。

この本、以前にも紹介していただいたことがあり、家の本棚を見たら、そこに上下ともにありました。
中を開いたら、それなりに線が引いてあり、付箋もたっていました。
その付箋を全部はがし、また、改めて読み始めています。

少し読み進めるだけで、日本語は素晴らしい言語だと感じてきます。
「日本語が好き!」という先生、この本もいいですよ。

私の作文教育『対話の害』宇佐美寛・池田久美子著

 

 

 

 

 

 

 

宇佐美先生の本。
対話の害
私の作文教育
こちらも良い本です。

 

--
関連記事:

前田康裕先生のセミナー、2つ!!

b7743前田康裕先生の『まんがで知る教師の学び』セミナーが、愛知県と山口県で開催されます!!

◆12月17日(土)
==
『まんがで知る教師の学び』学習会
==
場所:愛知県 蒲郡市生命の海科学館

詳しくは<こちら>をご覧ください。

◆来年の2月18日(土)
==
まんがで知る教師の学びセミナー
==
場所:山口県周南市仮庁舎(旧近鉄松下百貨店)

詳しくは<こちら>をご覧ください。

◎ 自分自身の教師としての成長を豊かなものにしたい!
そう願う先生に、最適なセミナーです。
また、若い先生方への御指導をされている先生にも、お勧めのセミナーです。

『まんがで知る教師の学び』を読んで、グッと来た先生、ぜひ、この機会に前田先生のお話を会場で直に聞いてみて下さい。
腑に落ちるお話に感動しますよ。

前田先生の人柄に触れるだけでも、学ぶものが多いです。
--
関連記事:

野口塾in神戸

b7356新大阪から新神戸まで、新幹線の「さくら」号に乗車。
気分は上々。

そうして、野口塾in神戸へ。

会場にはいると、前日に野口先生が授業をされたビデオが放映されていました。
そうして、マイクで野口先生が語っています。
「ここで止めて下さい。」
ムービーが止まり、野口先生が講釈されています。
とても、分かりやすく内容も濃い、良い講座でした。
ストップモーション講座は誰が講釈するか重要なのだと、痛感しました。

私は午後から、アフリカの話と道徳の話をしたのですが、ほんの少し、「スーホと白い馬」の話をしました。
その時、「理不尽」「忠義」と板書したのですが、手は誤字を書いており、衰えたなと思いました。

「スーホの白い馬」は、ほんの少しだけの道徳読みが出来れば、心への染み方がグッと深まってきます。
そういう分かりやすい良いお話です。
b7355
写真は、第4講座の野口先生。
勉強になりました。
--
関連記事:

実感道徳研究会全国大会 近し!

来年の1月15日。
東京で「実感道徳研究会全国大会」が開催されます。

その大筋の日程が届きました。
が、まだ、発表段階ではなさそうなので、今は転記しません。
b7358
私の講話は午後です。
今さっき、テーマを決めました。
これも、まだ秘密です。

会場は、「品川区第二区民集会所」。
申し込みが始まりましたら、このブログでもお知らせします。

新春から道徳の勉強ができるのは、実にいいですね。
b7473--
学びて時にこれを習う、また説ばしからずや。

何度も何度も読み返していますが、そのたびに、さらに学ぼうと思います。

次第に涵養が進みます。
ありがたいことです。
--
関連記事: