Blog

b7965b7967b7966◎10月、ルワンダの教育局のGasana I. Janvier局長とミーティング。IMで合意。
◎7月,ルワンダで英語版算数ソフトIMを使った夏期講習(ブートキャンプ)が開催されました。
◎4月,ルワンダで英語版算数ソフトIMのミーティング
◎3月,バングラデシュで算数ソフトのミーティング
◎9月25日,NHK・BS1「国際報道」でケニヤでの英語版算数ソフト「Interactive Mathematics」を使った授業が放映される。
★算数ソフト『子どもが夢中で手を挙げる算数の授業』「校内フリーライセンス版」が大人気!

「チーム算数」に三橋先生が!!

今回のチーム算数は、三橋先生がやってきたので、大いに盛り上がりました。
三橋先生は、今は教頭先生です。
重責を担っている中、参加してくれました。
久しぶりだったので、あれこれ話が弾みました。

最近のチーム算数は、チーム道徳と思われるほど、道徳系の話が多くなっています。
そんな話をしていたら、三橋先生も道徳は勉強を積んでいるとのことで、これから先がますます楽しみになりました。

良い気分だったので、「困苦の図」を紹介しました。
三橋先生は、私の話を一度聞くだけで、非常に良く納得していました。
道徳をそれなりに勉強をしている先生でしたら、この図を見て、何とはなく分かりますね。
だいたいその通りです。

「主張ある道徳授業を創る!」のセミナーでも話したのですが、道徳をしっかり学ぶには、論語を読むことが一番の道であり、王道です。
ただ、論語は漢方薬のような道徳なので、読んだからすぐに分かるわけではありません。
『日めくり論語』を教卓に置いて、しばらくしてから少しずつ効いてくると同じです。

三橋さんも論語は好きなので、次会からのチーム算数は論語研究が中心になりそうです。
--
宇佐美寛先生の『議論を逃げるな――教育とは日本語――』は、面白いと評判です。
次会のSG会の課題図書になりました!!
--
関連記事:

外国語活動のソフト、数の読み方の規則性

明日は、チーム算数。その後、続けてSG会です。
深澤久先生と一緒に行った「主張ある道徳授業を創る!」セミナーが面白かったので、その話を少し、チーム算数でしたいと思っています。

あっ、思い出しました。
セミナーで「道徳のそもそも論」について話す予定でした。
ところが、偶然、藪田先生の発表の中で、そのことが話として出てきていました。
ですので、私は特に話すことも無かろうと思い、「道徳のそもそも論は割愛します」と言いました。
すると、すかさず会場から、「聞きたい!」と声があちこちから上がりました。
こういう反応は予期していなかったので、少々びっくりしました。
同じ話なのですが、私の口からどう説明されるのか、それを知りたかったのかもしれません。そんな風に感じたので、これはしっかり話さねばと思いました。そうしたら、口元がさらになめらかになり、また、若い先生をかまってしまいました。

3月中旬発売予定の英語のソフト。
4巻には、なんと1000までの数の学習ができるソフトが入っています。

ソフトを見ながら、「あっ、そうか!」と、数の読み方の規則性に気がつく子が出てくると、嬉しいですね。
まさに、「一を聞いて十を知る」状態になりますね。
こういう気づきの瞬間が、学びの大きな喜びになります。
北海道の福嶋学級の子は、先生が規則性に気づかせる授業をしているので、みんな大喜びで取り組むと思います。

このソフトの名前は『子どもが夢中で手を挙げる 外国語活動』です。
3月中旬発売予定です。御期待下さい!
--
関連記事:

私の専門は?

埼玉の大宮で、元気いっぱいの若い先生方に道徳の話をしてきたのですが、会場で私を初めて知ったという先生もいます。
そういう先生は、きっと私のことを道徳の先生と思いこんでいるでしょう。

専門は算数です。
得意は国語。
極めつけは道徳です。

算数が専門と聞いたら、びっくりすると思いますが、きっと、「分かりやすい算数」なんだろうなと推測できるはずです。
あの曖昧模糊とした道徳の根本的なところを、かなり分かりやすく、図入りで話したのですから、算数はどうなるのだろうと思いますよね。

私の算数というのは、今現在は、算数ソフトがその代表作となっています。
1年から6年までの算数の内容をソフト化しました。
その一つ一つが、面白く、分かりやすいです。

右のソフトは、4年生の直方体の「垂直な面」を学ぶ場面用のソフトです。
今現在は、「え」の面に垂直な面が問われています。
子どもが「先生、「い」です!」と答えてきたら、直方体の下の「い」ボタンをクリックすると、その面が緑色になります。
クリック一つで、すぐに対応できるので、先生もぼけやつっこみを楽しむことができます。
講座で私が演じたように、ソフトを使うと先生も楽しく授業を進行できます。

このソフトは、さくら社のネットストアで販売されています。
ダウンロードすると、13ヶ月使えます。
学年まとめて購入することも、単元1つを購入することもできます。
私の講座のような、楽しくってためになる授業をと思う先生には、絶対のお勧めです!!
--
前田康裕先生の『まんがで知る教師の学び2』が、まだ発売前なのですが、アマゾンで597位となっていました。
昨年発売した『まんがで知る教師の学び』を読まれた先生が、どんどん予約をして下さっているのだと、感謝の気持ちで一杯です!
「学び2」の発売は、3月10日です。
--
関連記事:

「野口塾in南平小学校」で授業をします

『第2回 主張ある道徳授業を創る!』は6月10日(土)です。
コクチーズでの申し込みが始まっています。
68名募集で、残り55人となっています。
申し込むかどうか、まだ、しばらくは検討する時間がありますが、私の予想では3月中に満席になるように思えています。満席になる前に、お申し込みをどうぞ!

日程を見ると、講師の名前は出てきますが、何を話すかが書いてありません。
私が話す内容は、第1回の講座の中で伝えてあります。
算数脳、国語脳、道徳脳とお伝えして、「道徳読み」を第2回で行うことを話しました。題材は、「あとかくしの雪」。
その話を聞きたいかどうか尋ねたら、大方の先生が話を聞きたいと手を挙げていました。前向きに学ぶ先生は違いますね。
ということで、私のテーマは、
「道徳読み」を身につけよ! 題材「あとかくしの雪」
です。
第2回に参加予定の先生、御期待下さい。
--
3月18日(土)、東京日野市の南平小学校で、野口塾in南平小学校が開催されます。
午前中は小学生を対象とした授業が展開されます。
講師は、野口芳宏先生、山中伸之先生、そして私です。
内容は↓です。
10:00~10:45
「実感を込めた道徳授業『火星移住計画』」/山中伸之先生
10:50~11:10
「子どもが夢中で手を挙げる外国語活動」/横山験也先生
11:15~12:00
「国語科の物語の授業『やいとかげ』/野口芳宏先生

私は3月中旬発売予定の外国語活動ソフトを使って、授業をします。
子供達は4年生とのことですが、ソフトは『Hi, friends!』対応なので、基本的に5年、6年向けとなっています。
でも、とっても面白いソフトなので、4年生の子もぐいぐい取り組むと思っています。
私の持ち時間は20分。あっという間ですね。

午後からは密度の濃い講座が4本。
12:50~13:50
第1講座「真の国語科授業」/野口芳宏先生
14:00~14:50
第2講座「実感を込めた『語り』の授業の作り方/山中伸之先生
15:00~15:30
第3講座「『げんきになっちゃう算数』で学ぶ教師の話術/横山験也先生
15:35~16:25
修養講座「教師人生を豊かに」/野口芳宏先生

異色なのは私の「話術」です。

先週の土曜日の主張ある道徳のセミナーでも、「内容もすごいが、話し方がすごい!」というような感想をいただきました。
私にとっては、極めて普通のことなのですが、初めての先生には強烈に感じるようです。
話術は練習をすれば、誰でも良い感じでできるようになります。
第3講座で、私のやってきた話術練習などをお話します。

「野口塾in南平小学校」に参加御希望の先生、↓をお読み下さい。

○期日 3月18日(土) 9:20~16:30
○場所 東京都日野市立南平小学校
午前授業会場:4年3組
午後講座会場:図書室
なお,受付は図書室で行います。

○講師 野口 芳宏 先生
横山 験也 先生
山中 伸之 先生
○参加費 3500円
参加を希望される方は,下のアドレスにご連絡ください。
qqdc54md@etude.ocn.ne.jp
(野口塾日野・相模原事務局:内田聡)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
件名「野口塾IN南平参加申込」
本文
名 前:
勤務校:
Eメールアドレス:
懇親会:参加・不参加
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★写真は野口塾in木更津での野口芳宏先生。紙芝居のお話です。
--
関連記事:

 

 

山口での前田康裕先生のセミナー写真

前田康裕先生は、先日の土曜日、山口でセミナーでした。
その時の写真を藤本先生が送ってくれました。
『まんがで知る教師の学び』の画面が映し出され、前田先生が何やら解説を。
写真を見てるだけで、ワクワクしてきます。

その前田先生、3月4日(土)は東京でお話下さいます。
会場は、ジュンク堂池袋本店で、「前田康裕先生『まんがで知る教師の学び2』~アクティブ・ラーニング編刊行記念トーク&サイン会」です。
三宅貴久子先生も参加します。もちろん、私も!!

また、奄美大島の田中一村記念美術館で、25日から3月12日まで「前田康裕まんがイラスト展~教室の学びを拓く~」が開催されます。
初日の25日は前田先生と一緒に、「ギャラリートーク」を楽しむことができます。
奄美の先生方がたくさん参加してくれると嬉しいです!

大忙しの前田先生ですね。

『まんがで知る教師の学び2』は3月10日発売です。
こちらも楽しみです!

そうそう、愛知の小田先生がもしかしたら、第2回目の前田先生セミナーを開催してくれるかも知れません。そうなったら、嬉しいですね。
--
関連記事:

「主張ある道徳授業を創る!」での深澤久先生のアドバイス

深澤久先生が立ち上げた「主張ある道徳授業を創る!」の未来は面白くなりそうです。

私は「簡単明瞭、道徳のそもそも論~あなたの指導にパワー充填~」を話したのですが、このサブタイトル「あなたの指導にパワー充填」は当初ありませんでした。
そもそも論は内容が昔に戻るので、サブタイトルがあった方が望ましいと指摘したのは、深澤久先生です。
こういうところへのセンス、深澤先生は抜群に良いです。
それで、どうするかと思い、付けたのが、「あなたの指導にパワー充填」です。

40分の講座の終了際、先生方に尋ねました。
「パワーが充填された人!」
ほぼ全員が手を挙げました。
サブタイトルがなかったら、こういう聞き方はできなかったでしょう。
深澤先生の切れ味に、感謝です。

ほぼ全員が手を挙げたと言うことは、初めて聞いた話の連続だったのでしょう。
「簡単明瞭」と、非常に単純な話にしていますが、その内容は、道徳のストライクゾーンの話です。
きっと、先生方のこの先の道徳で、ここぞというようなところで、ひょいと顔を出してくると思います。

懇親会で、若い先生に論語が重要であることを少しだけ話しました。
「“温故知新”の後に、何が続くか知っていますか?」と問うたのですが、若い先生方は首を横に振るだけでした。
「“もって師となる”と続くのです。」
2500年前にこういわれ、古い時代の礼儀などを学ぶことは、その当時も重要だったのです。
そうして、今回も古い話で先生方の道徳にパワーが充填されています。
論語は、この一節をとっても、重いなぁと感じます。

セミナーで私がどんな話をしたのかは、書けるところをおいおい書いていこうと思います。
--
今度の土曜日は、午後2時から「チーム算数」です。
最近は、「チーム道徳」になりつつあります。
場所はいつものジョナサン。
その後、午後5時半から、明石先生の「SG会」です。
楽しみの続く土曜日です。
--
関連記事: