Category Archives: セミナー

「学問道徳」が指導のパワーをアップする

8月26日(日)に東京のセミナーで「道徳読み」の話をしますと2日前に書きました。
その時は申し込みが6名でした。
それが、今、16名になっています。
募集が30名ですから、はやくも半数を超えたことになります。
道徳を学ぶ先生が多いと、日本の将来は明るくなります。
ありがたいことです。

このセミナーの名称は、「第8回 いつも上手くいく先生の学級経営・授業づくり講座」です。
メイン講師は山中伸之先生です。
山中先生は実感道徳研究会の会長でもあり、私の親友でもあります。
生きる姿そのものが道徳の先生です。
今回のセミナーでは山中先生の道徳の話はありませんが、学級経営の良い話しが満載です。お時間のある先生、ぜひ、御参加下さい。

「道徳読み」は、平素の道徳力でもそれなりに手応えを感じる授業ができます。
そこに「学問道徳」が加わると、指導のパワーがアップします。

2月に大宮で「道徳のそもそも論」を話しました。
参加した先生方が大変ビックリして、大いに感心してくれました。
そもそも論も、学問道徳の一つです。

この時の講座で、人は大雑把に言って、頭・体・心に分かれているということを「人の図」を使って話しました。
頭や体の道徳と心の道徳を分けて考え、それぞれの特徴を示す程度の話です。
話としてはとても簡単ですが、不思議とずっしりと響きます。

この話しが分かっていると、「道徳読み」が頭の道徳と心の道徳に分けて考えているという論理がすんなり入ってきます。

 

論語を少し読んでいる先生は「学問道徳」の大切さが次第に強く分かってきます。
学ばないと分からない道徳もあるからです。

『日めくり 教室論語』を教室の先生の机の上にぜひ置いていただきたいです。
--
関連記事:

8月26日に「道徳読み」の話をします!

「道徳読み」の話を8月26日(土)に東京で行います。
「第8回 いつも上手くいく先生の学級経営・授業づくり講座」です。
メイン講師は、あの山中伸之先生です。
いつもは、山中先生が出ずっぱりでお話下さる、大変ためになる講座です。
そこに、夏休みスペシャルと言うことで、私もちょっとお話をします。

私の話す内容です。
--
15時00分〜15時50分 特別講座:横山験也先生
『道徳の教科化直前! 「道徳読み」で授業をしよう!』
道徳の教科化に伴い、来年度から本格的に教科書を使って道徳の授業をするようになります。主体的・対話的で深い学びの道徳を誰でも簡単に実践できるのが、「道徳読み」です。どの読み物教材でも授業できると評判です。この機会に「道徳読み」を学びませんか。
--
東京近郊で、「道徳読み」について知りたいなと思う先生、是非御参加下さい。

7月中は、今週の土曜日に「チーム算数」を開催します。
定員は4名。
今回は城ヶ崎先生が欠席のため、一人、参加が可能になりました。
偶然、三角先生が神奈川から申し込まれたので、これで満席です。
いつもの佐々木先生、藪田先生、それに三角先生と私の4人で、つたない話をします。

「チーム算数」は、次第に「チーム道徳」になりつつあります。
道徳を学ぶことを意識し始めたら、次の3つをできるだけ守るようにします。

1,身なりを整える。
2,顔つきをよくする。
3,言葉遣いを良くする。

これが、昔から言われている道徳の基本です。
私は2と3にやや難があります。
1もすこし難があります。

戦前の道徳では、このあたりのことはストレートに学んでいたのですが、今はそうでもないようです。
でも、今は平和な良い時代ですので、基本的なことの実行を楽しめる時代なのです。ありがたいですね。

身なり、顔つき、言葉遣いを支えている自分自身の体について、守ることがあります。

0,姿勢を良くする。

とくに、今の時代、道徳を熱心に考える先生は、姿勢を良くするように努めます。
姿勢の善し悪しが、道徳の重要なポイントである「自分に正しく」に大きく影響するからです。

道徳を熱心に学んでいる先生が、もし、ズルッとした姿勢でずっと座っていたら、頭の道徳が好きな先生と思われても致し方ありません。
恥ずかしいことです。
--
関連記事:

 

前田康裕先生の本、『まんがで知る教師の学び2』が日本教育新聞に!

日本教育新聞の7月3日版に、前田康裕先生の『まんがで知る教師の学び2』が新刊案内に掲載されていました!
うれしいですね。

1面の記事には、日本教育新聞社が実施したアンケートの結果が出ていました。
引用します。
--
約7割が次期学習指導要領の全面実施への課題として「主体的・対話的で深い学び」を選んだ。
--
ぜひ、前田先生の本を読んでいただきたいなぁと思った次第です。
まんがなので読みやすく、それでいて中味が深いです。
--
関連記事:

「道徳読み」を実践しましたメール

土曜日は、この本庄早稲田駅で降りました。
小さい駅ですが、新幹線の駅なので何かパワーを感じます。

セミナーが終了した後は、懇親会です。
椅子に座っていると、事務局の先生が気を遣って下さり、あれこれ途切れることなく、話をすることができました。
こういう気配り、感じ入ります。

そんな中、2名の先生と話している時、「道徳読み」について問われました。
懇親会会場ですから、黒板も何もありません。
口頭で簡単に話しました。
それも、5分か10分ほどです。
どこまで伝わったのか、それすらもよくわからずに、話は終わりました。

驚いたのは、翌週の月曜。
熊谷青士(くまがい はると)先生から「道徳読み」を早速実践したとのメールをいただきました。
このスピード感、島根の広山先生と同じです!
熊谷先生は、もしかすると、もしかする先生なのかもしれません。

授業は5年生。
題材は「ふくらんだリュックサック」

いただいたメールは長文でした。
そのほんの一部を御紹介します。

◆今までの授業では、大きな問(柱)を3つ考え、2つ目の問(柱)で葛藤させるため、どのような発問にするとよいのか考えていましたが、それを上回る葛藤が子供たちの中に生まれていたように感じます。

実に驚きました!
「道徳読み」の授業が、これまでの授業にまさりました。
わずか、5分か10分ほど説明を聞いただけで、今までの道徳授業より、グッと良い授業が展開できたのです。
これを画期的と言わず、何と言いましょう。

「道徳読み」の話は、この先、次の2か所で行います。
◎6/25(日) 野口塾in大阪 30分~40分ほど話します。
◎8/26(土) 東京 1時間ほど話します。(まだ募集は始まっていません)
関心のある先生、ぜひ、御参加ください。
--
『おとなのための やさしい漢詩教室』でグッと来る言葉と出会いました。
「凍蠅(とうよう)」という漢詩に「会得」と出てきて、それに「さとり えたり」と訓じています。

以前から、「会得」には「さとる」というような意味合いがあることは、何かで読んで知ってはいましたが、今回は明確に出てきたので、ノートに記録しました。

この方面の勉強は、何とも言えない楽しさを感じます。『論語』を楽しく読んでいると、自然とこういう言葉が心に染みてきます。

『日めくり 教室論語』を是非教卓に置いて下さいね。
--
関連記事:

 

主張ある道徳授業の感想を1つ

先日開催された、道徳のセミナーでの「道徳読み」への感想が届きました。
前回に続き、今回も、参加された先生方の感想は熱いです。

1つ御紹介します。
--
来年度からは教科書を使用しなければならないので,それを見据えて,これから今日知った道徳読みを早速実践していきたいと思いました。
--
この先生は、立派です。
先を見ています。

人生で大事なことは、ちょっと先がどうなるかを読むことです。
少しでも読めたら、そこへ向けて今から努力をすればいいのです。
たいていの場合、その努力は新しい時代を切り開く努力となります。
気持ちが高まる努力です。
悲しいのは、追われて行う努力です。
妙に精神性で沈みます。

上の感想をどなたが書いたのかは、私には分かりません。
でも、こういう先を感じ取る先生と交流を深めたいと思います。

今週の日曜は、大阪の野口塾で「道徳読み」の話をします。
関心のある先生、是非、御参加下さい。

次期指導要領の道徳に「涵養」が登場していますね。
この言葉、私は非常に注目をしています。
教卓の上の『日めくり 教室論語』は、じんわり効いてくるので、まさに、涵養の道徳です。
--
関連記事:

「子どもに学ぶ教師の会埼玉セミナー」へ行ってきました

土曜日、埼玉の本庄早稲田へ行ってきました。
「子どもに学ぶ教師の会埼玉セミナー」です。
本庄早稲田の駅で事務局の杵淵先生が待っていてくださり、本当に助かりました。
どっちへ歩くのかときょろきょろする必要がありません。
風景を見ながら、杵淵先生と楽しく歓談。
あっという間に、会場到着です。

また、この日は電車に乗った時、大吉がやってきました。
小野口先生から「海外協力隊員になった」という目出度いメールを受けとったのです。
赴任先は、アフリカのエチオピアの小学校。
ルワンダよりずっと北に位置する大きな国です。
私の年代の人は、マラソンのアベベを思い出しますね。

報告メールのだけでも喜びが大きいのですが、小野口先生はセミナーにも参加すると記していました。
会場に着くやいなや、小野口先生とエチオピアの話で盛り上がりました。

教師経験のある先生が、途上国の教育に関わることは、今後の状況を考えると、とても重要なことと思っています。
なにしろ、言語の壁をもうすぐ越えられる時代となります。
すると、どうなるでしょう。
楽しみですよね。

小野口先生がそういう時代になる直前の「今」という時代に海外赴任します。
良い人生になりますね。

小野口先生からの報告のインパクトが強く、私の話でも話題として話させていただきました。
すると、講座終了後、森本大樹先生がやってきて、「私もエチオピアで協力隊をしていました」と笑顔で話してくれました。
講座の楽しさに加わって、気分は最高になりました。
森本先生はエチオピアの高校で体育を指導してたそうです。
聞けば、エチオピア赴任で生徒を見る目が変わったとのことでした。
自分の教育観がグイッと変わる。これ大事ですね。

小野口先生、森本先生と話しつつ、「徳は孤ならず、必ず隣有り」(論語)の言葉が頭をよぎりました。
--
週末の日曜日、大阪での野口塾で、「道徳読み」の話を少しします。
読み物教材を使っての、全く新しい授業法です。
「道徳読みが気になる!」という先生、ぜひ、御参加下さい。

教卓に『日めくり 教室論語』を是非!
--
関連記事: