Category Archives: さくら社

佐々木正美先生が亡くなられました。悲しいです。

悲しいお知らせです。
佐々木正美先生が、昨日亡くなられました。
謹んで御冥福をお祈り申し上げます。

2011年の5月。
この2冊の本をさくら社から出させていただきました。
佐々木先生のお導きも素晴らしいのですが、それ以上に、先生のお人柄がたくさんの方々に届くようにと、自叙伝を出版しました。

発売されてすぐに読みました。
当時、書き込んだラインが今も本の中に残っています。

「ただ一生懸命やればいいというものではなくて、何をするかが大切なのだよ」と実に穏やかにおっしゃった臺弘先生の声が、心に響いたまま、今も残っている。(『私の半生』p22)

困ったこだわりなどの行動をなくさせようとするやり方ではなく、本当に意味のある好ましい概念や行動を教えてやることが、自閉症の人々との共生には重要であることを、私は多くのお母さんから教えられてきた。(『私の仕事』p87)

今、読み返しても胸が熱くなってきます。
人としての生き方を教えて下さっていると痛感します。

もっとも心を打たれたのは、どちらの本にも書いてあるこの言葉です。

この本を 妻 洋子に捧げます。   佐々木正美

本を開くとすぐにこのように記されています。
人生を教えてくれている本なのだとつくづく思います。

それにしても、悲しいですね。
素晴らしい先生です。もっともっとも人々に語っていただきたかったですね。
でも、もう、かないませんね。
心より御冥福をお祈り申し上げます。
--
関連記事:

『デジタル思考ツール』新発売!

b7460関西大学初等部式思考力育成法の本がこれまでに4冊出版されています。

◎指導法の基本的な考え方から〈第1弾〉理論編
『関大初等部式 思考力育成法』

◎思考ツールの意味、使い方を〈第2弾〉実践編
『思考ツール』

◎日常の教科学習で活用を〈第3弾〉教科活用編
『思考ツールを使う授業』

◎研修・勉強会に最適〈第4弾〉導入ガイド
『関大初等部式 思考力育成法ガイドブック』

4部作も出版されてきたのは、それだけ関西大学初等部の思考ツールを使った授業が子ども達の考える力を引き出し、予想を超える素晴らしい成長へと導いてきたからです。

その間、
「思考ツールはソフトにならないの?!」
「校内で、思考ツールをよく知らない先生にも使ってもらえるようなソフトがあったら!」
とお声をいただいていました。

初めて取り組む教室・学校でも、思考ツールを使う考え方にすぐになじんでもらえるような、そんな関大初等部式の思考ツールのソフトがついにできました。
デジタル思考ツールです。

ドラッグドロップだけの簡単操作で、しかも楽しい。
楽しく考えている内に、思考ツールについてしっかり学ぶことができます。

詳しくは、下記のリンク先をご覧下さい。
関大初等部式思考力育成法をあなたの教室で『デジタル思考ツール』登場!
やってみよう!アクティブ・ラーニング
デジタル思考ツール

対応端末は、Windows , Mac , iPad , Androind 。
学校の環境に合わせて、使えますね。
--
関連記事:

英語で書かれているさくら社のホームページ

b7674さくら社のホームページに,英語で書いてあるページがあります。
ちょっと覗いてみたいという方は,<こちら>からどうぞ。

一昨年,カンボジアの小学校で算数ソフトの模擬授業をしてから,次第に海外に行く回数が増えてきています。
昨年は,ルワンダ→ケニヤとまわり,今年は3月にバングラデシュ,4月にルワンダへ行きました。

行った先でミーティングをするのですが,先方の方から,「さくら社のHP,見ました」といただくので,それなら英語のページも・・・と思い1ページ作ってあります。

このページはアフリカへの意気込みが感じられるので,私は気に入っています。
NHKの海外報道でも言いましたが,アフリカは向こう10年で人口が2倍に増えます。
子ども達がどんどん増える大陸なのです。
そこにPCを使った教育が始まります。
これまでとはひと味違う教育がアフリカからスタートしたしても,おかしくありません。
そういう大きな夢を描ける未来ある大陸がアフリカです。
--
6月11日(土)の前田先生のセミナー『まんがで知る教師の学び』刊行(&重版出来!)記念 前田康裕@東京セミナーですが,先生方が半数,企業の方が半数という様子になっているそうです。
楽しみですね。
お近くの皆さん,ぜひお越し下さい。
--

177位!前田先生の『まんがで知る教師の学び』!!!

b7743「前田康裕先生の『まんがで知る教師の学び』がアマゾンで177位になっています!」との連絡があり,見てみたら,本当に177位でした。

--
1位-本>人文・思想>教育学>学校教育
--
アマゾンには,このように表示されています!!

「学校教育」のジャンルで1位です。ですので,本の脇には,オレンジの地に「ベストセラー1位」と表示されています。

「学校教育」より幅の広い「教育学」でも,3位です。

さらに,幅の広い「人文・思想」では,36位で,36日間100位以内と表示されています。

そうして,本全体で177位です。

前田先生が渾身の力で書き下ろして下さった本です。
内容も濃いですし,勉強になります。
夢の二桁まで上昇して欲しいと願います!!
--
関連記事:

算数の思想

b77433日の日曜日,大阪で笑いのセミナーに参加してきました。
会場に着くや,「さくら社のこの本,いいでですね。同僚に広めています」と言われ,良い本を出せて,本当に良かったと思いました。

この日のテーマは「笑いのバロメーターを吹っ飛ばせ!1年中大爆笑するクラスの作り方セミナー」でした。

最初は,算数の授業事例。
いつもなら,事例を示して,すぐに次の事例を話すのですが,今回は「笑い」だったので,何が笑いを誘っているのか,ほんの少し考えてもらいました。
そうしている内に,せっかくだから,「算数の思想」について話しました。
これが,思いの外,好評でした。

「算数に思想がある」なんて,誰も思っていません。
算数は淡々とした内容なので,基本は無機質のように思えます。
そう思うのは,学校での指導内容が算数の結果を対象としているからです。算数の生まれ育ってきた過程までは踏み込んでいないので,先生方の教材研究の目には,算数の思想までは映し出されないのです。

しかしながら,算数も人類の長い歴史の中で生まれ育ってきた一つのジャンルです。
突発的に生まれることはなく,それなりに人類の生活のあれこれがあって,算数も生まれ,育ってきたのです。

そんな観点で算数を見ると,算数の思想が見えてきます。
それは,「平等」や「公平」の思想であり,その目指す方向は「平和」なのです。

今回は,3年生の円の導入の演じました。
直線が否定され,四角が否定され,楕円が否定され,みんなが納得したのは円だったという流れです。
その後,「平等の思想」と話したので,参加された先生方はとてもよく納得いました。
--
大阪の会場に,栃木県から参加してきた先生がいました。
「なんで大阪までわざわざ・・・」と聞いたら,近い将来,b7877後進国の小学校で教鞭を執りたいのだというのです。それでその道を歩んでいる私の話を聞きたいと思ったのだそうです。
「徳は孤ならず,かならず隣あり」(論語)
まさに,そんなことを感じた一瞬でした。

偶然ですが,会場には海外理数科教育の会社の社長さんも参加していました。
小野口先生との交流も深まりました。

日本の教師が海外で教育支援をすることは,そのこと事態が「平和な国家作り」の基となります。大いに交流を深めたいと思います。

前田康裕先生『まんがで知る教師の学び』

b7743前田康裕先生の『まんがで知る教師の学び』が今月の25日に発売になります。
アマゾンではすでに予約可能となっています。

この本の内容が,前田先生のフェイスブックにその1,その2,その3と記されています。

その1:全体の内容紹介
その2:ストーリー
その3:吉良良介(←主人公の人物紹介です。込められた意味が深いです)
まだまだ続くようで,楽しみです!

その1を転載します。
--↓前田康裕先生のFBより↓--
拡散希望【まんがで知る教師の学び】その1
http://www.amazon.co.jp/まんがで知る教師の学び-これからの学校教育…/…/ref=sr_1_1…

久しぶりに私の単著が出版されることになりました。まんがも私自身が描きました。(というか、ほとんどまんがの本ですが・・・。)
書店に並ぶのは3月25日くらいになりそうです。
今日から少しずつ本の内容の紹介をいたします。
まずは今回は目次だけ。

【各章タイトル】
第1章「そもそも思考」で考えよう
――そもそも、学ぶとは何か?

第2章 技術的合理主義の限界
――省察(リフレクション)を繰り返しながら成長する

第3章 リフレクションと自己改善
――成長するためには授業観を磨くこと

第4章 タイムマネジメント
――多忙感に負けない仕事術

第5章 学び合いと社会的構成主義
――授業形態の真似で終わらせないために

第6章 発達の最近接領域の理論と実践知・学問知
――専門家集団がビジョンを共有すれば…

第7章 教師に必要な21世紀型能力
――自身の強みを生かした未来設計

第8章 レジリエンスと学習する組織
――学び続ける教師とは
-----------------
大筋が漫画になっているので,読みやすくわかりやすいです。
さらに,そのストーリーから,教師教育についてしっかり学ぶことが出来ます。
内容が非常に濃いです。
やる気のある先生,ちょっと壁にぶつかっている先生,悩んでいる先生。
ぜひ,お読みになって下さい。
----
いよいよ明日の早朝,バングラデシュに向かって出立です。
算数ソフトIMの話をしに海外へ行くのですから,時代が進んできたと感じます。
現地の言葉は全くわかりませんが,同行の方が通訳をしてくれます。
ですので,安心して行くことが出来ます。
算数を中心に初等教育について熱く語らってきます。
--
関連記事: