Category Archives: 友人知人

チーム算数開催! 道徳の「そもそも論」は面白い!

「チーム算数」開催日でした。
いつもの4人(城ヶ崎先生、佐々木先生、藪田先生、私)が3時間休む間もなく語らい続けます。
井戸端会議と何が違うかと問われると、どうにも返答のしようがありません。
非常にぬるい教育サークルなのです。

今回、嬉しかったのは、佐々木先生が「そもそも論は面白い!」と太鼓判を押してくれたことです。
そう言う嬉しい一言をいただいたので、そろそろ、道徳の「そもそも論」をノートにまとめようと思います。
番号を付けていくのですが、その000番は「教育のそもそも論」です。

Q そもそも教育とは何か?

こう問われたら、皆さんはいかがお考えでしょうか。
佐々木先生が「教え育てること」と答えました。
これ、いいですね。
漢字を訓読みしています。
こういう答えがスッと出るだけでも、「さすが!」となります。

ですが、私がわざわざ問いを出しているのですから、訓読みレベルという訳にはいきません。
少々、批判的に書けば、「おしえる・そだてる」という訓読みは誰でも知っている上、返り点を使うなどの妙味もありません。
ですので、「ああ、なるほど!」と感動を呼ぶことはありません。
頭に少し響く程度の答えなのです。
いい線行っていますが、常識の範囲となります。
大事なことは、「心に落とす」回答を出すことです。

皆さん、考えあぐねていましたので、ヒントを出しました。

ヒント: どろぼう

「教育とはどろぼう」がヒントです。

これは、ミラクルのヒントです。
こんなヒントが出るのですから、そもそも問いの正解が常軌を逸しています。
ですので、最初から誰もわかるはずがない解答を私は用意していたのです。

このヒントを出してからのメンバーの回答は、城ヶ崎先生が3点。佐々木先生がマイナス100点。藪田先生には点数を付けていなかったと思います。
佐々木先生の答えは、全くダメな答えなのですが、ダメもきわまれば正解に近くなります。その逆を考えれば、正解に届きます。
思考の一発逆転が生じます。

正解を話したら、城ヶ崎先生も佐々木先生も藪田先生も、大納得。
それも、かなり強烈に響きました。
そうして、佐々木先生の「そもそも論は面白い!」のお言葉に至った次第です。

これを道徳の「そもそも論」ノートを作った時の、000番のページに書く予定です。
001番のページは、「人の図」。
002番は、「人と自分の図」。
以下、「主張ある道徳授業を創る!」で40分間お話をした道徳の「そもそも論」の内容を続ける予定です。
その後には、私の「まめノート」に記されている中味が続きます。

そうして、何番目になるのか分からないのですが、今日は「潤いの図」を発表しました。
この図を見て、佐々木先生はがつんと来たようで、「正・反・対偶」論を話してくれました。
切れ味抜群です!
「そもそも論の図は、見る人の思考を活性化する!」
これは大発見!とにこやかな気分になりました。

もう一つ話したのが、「貧乏の図」です。
道徳を専門に学んでいる先生は結構いますが、貧乏を教えられる先生はほとんどいません。
「貧乏の図」についても、佐々木先生は図を見ながら、すぐに講釈を始めました。
今日の「チーム算数」は佐々木先生の講釈が光っていました。
藪田先生には後学のために、「貧乏の図」は「易経」に依っていることを話しました。

何度も書いていますが、道徳思考の基本は論語です。
--
城ヶ崎先生からは、関東学院小学校で2時間講演をするので、それについての話しをしてもらいました。
また、今後の著書の話しもあり、濃い内容でした。
佐々木先生からは、プログラミング学習にフィットする無料アプリの紹介がありました。
藪田先生からは家訓教育の手応えの話しがありました。
一つ一つがヘビーです。

次会のチーム算数開催日は、4月15日になるだろうと思っています。
--
関連記事:

4月8日は山中伸之先生の学級経営・授業づくり講座です!

4月8日(土)、東京の日野で「第6回 いつも上手くいく先生の学級経営・授業づくり講座」が開催されます。

日野と言えば、「武士よりも武士らしく」生きた近藤勇・土方歳三で有名な新撰組ですね。
こういう地で開催するセミナーで、しかもメイン講師は、かの山中伸之先生。
「教師らしい教師!」「より教師らしく!」「教師の極み!」のようなセミナーになりますね。

このセミナーに、色を飾るのは、これからの活躍が期待される松島先生、内田先生、須永先生です。新鮮で、かつ腹の据わった取り組み。楽しみが大きいです。
私が参加できないのがちょっと残念なところですが、お近くの先生、足を運ばれてみてください。
詳しくは↓です。
---------------------------------
「第6回 いつも上手くいく先生の学級経営・授業づくり講座」
~これで4月のスタートは大丈夫!成功の秘訣を教えます!~
---------------------------------
どんなクラスを担任しても,いつも上手くいく先生はいるものです。
そんな先生には必ず上手くいく秘訣があります。
今回も,学級経営・授業づくりの多数の著書でも有名な山中伸之先生と学級経営や授業づくりの実践家をお招きし,その秘訣をお話していただきます。
上手くいく秘訣を本講座で学び,「あの先生は,いつも上手くいっているな!」とみんなから思われる,そんなちょっとできる教師を一緒に目指しませんか?

☆申し込み方法☆
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
「こくちーず」よりお申し込みください。
http://kokucheese.com/event/index/459664/

日 時:平成29年4月8日(土)
会 場:平山交流センター
所在地:東京都日野市平山5-18-2
(京王線平山城址公園駅前の『平山季重ふれあい館2階』)
京王線平山城址公園駅より徒歩約2分です。
※駐車場はありません。公共機関でお越しください。
※会場への問い合わせはご遠慮ください。
講 師:山中伸之先生
参加費:2000円(当日)
日 程:
12時50分~  受付

13時00分~14時00分 講座①:山中伸之先生
「できる教師の1年間の学級経営!1年間の見通しを教えます!」
1年間の学級経営の見通しがない中で,4月の学級経営をスター
トしても上手くいかないことはたくさんあります。そこで,学級経
営の多数の著書で有名な山中伸之先生から,1年間の学級経営のポ
イントをお話していただきます。

14時10分~14時25分 地元教師の発表:内田聡
「4月の学級開きで使えるミニネタ発表会!」
4月の学級経営で使えそうミニネタを,どんどん発表していきま
す。出会いの演出・教室にあると便利なグッズ・簡単に続けられる
学級通信づくりなどなど,どんどん紹介していきます。

14時25分~14時40分 ミニ講座①:須永吉信先生
「みんなが笑顔になる授業参観・保護者会の作り方!」
初めての授業参観・保護者会は,誰でも緊張するものです。とは
言え,「この先生で大丈夫・・・。」そんな印象を与えてしまうと,
保護者との信頼関係を築くのは難しくなります。みんなが笑顔にな
る授業参観・保護者会づくりの秘訣をお話いただきます。

14時40分~14時55分 ミニ講座②:松島広典先生
「あっという間に心をつかむ!子どもが夢中になる授業づくり!」
「この先生の授業って楽しい!」「何だか授業がよく分かるぞ!」
「もっと授業を受けたいな!」4月に,そんな印象を子どもたちが
もつことができれば,きっと1年間授業は上手くいくはずです。そ
のための授業づくりの秘訣をお話していただきます。

15時00分~16時00分 講座②:山中伸之先生
「1年間の授業づくりの秘訣!」
授業は年間指導計画に沿って・・・,言葉では分かっているつも
りでも,なかなか実感を伴って理解できている先生は少ないのでは
ないでしょうか。では,どうやって見通しをもつのか,山中先生か
ら,その秘訣をお話していただきます。

16時10分~16時40分 講座③:山中伸之先生
「語りの力が子どもを変える!」
授業にことは覚えていなくても,担任の先生が話してくれた家族
の話や感動的な話は何となく覚えているという方は多いのではない
でしょうか。子どもたちは先生の語りが大好きです。では,どうす
れば上手に語れるようになるのか。山中伸之先生の実際の語りを通
して,明日から語れる力をみんなで身に付けていきましょう。

16時40分~16時50分 交流会

17時30分~ 懇親会京王線北野駅周辺(4000円前後の予定)

☆申し込み方法☆
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
「こくちーず」よりお申し込みください。
http://kokucheese.com/event/index/459664/
--
関連記事:

 

前田康裕先生の『まんがで知る教師の学び2』が、発売となりました!!

本日、前田康裕先生の『まんがで知る教師の学び2――アクティブ・ラーニングとは何か』が、めでたく発売となりました!!
書店をのぞきたかったのですが、バタバタして叶いませんでした。
アマゾンでは出荷が始まったようです。嬉しいですね。

ジュンク堂池袋本店で前田先生のトークセミナー、その写真をもう一枚、ここで御紹介します。

トークセミナーが始まる前の写真です。
池袋駅近くの喫茶店で念のためのミーティングをしました。
前田先生の正面には、三宅先生が座っていました。
テーブルに置いてある本は、前田先生のカバンの中から出てきた『三宅貴久子という教師』です。付箋が立っていますね。

写真の一部、茶色でつぶしてあります。ここには他のお客様が写っていました。そのままのアップはダメなので、墨塗りにしました。
前田先生が手にしているのは、スケッチブックです。
新感覚の前田トークを、一足先に喫茶店で楽しませていただきました。
--
18日は東京の小学校で、英語の授業を等をしてきます。
当日の講師には、1年に2冊3冊を本を出し続けている、有名な山中伸之先生もいます。
その山中先生の新刊が、会場で先行販売されます。
『基本からわかる 授業参観日事典』です!!
若い先生にお勧めして欲しいですね。
何というのか、「教師としての良識がわかる!」という感触を持っています。
もちろんそれだけではありません。よりいっそう良い授業を展開できるためのポイントやアイデアが盛りだくさん載っています。
ですので、経験豊かな先生にも「なるほど!」と思えるヒントがいっぱいです。
この本、ナイスです!!
書店に並ぶのは24日からです。
楽しみですね!!
--
関連記事:

明日は前田康裕先生の『まんがで知る教師の学び2』発売日!!

明日は、前田康裕先生の『まんがで知る教師の学び2――アクティブ・ラーニングとは何か』の発売日です。待ちに待ったという感じで、うれしいです!

その明日。
私は東京にあるJICAへ行きます。
アフリカでの新たなるチャレンジへ向けての説明会があるので、それを拝聴しに伺います。
昨年も聞いている話ですが、再度聞くことで気持ちをキチッと引き締めたいと思います。

その後、別件でJICAの方とミーティングを行います。
先週、JICAの社員さん10数名の方に、ルワンダでの算数ソフトの実績をお話しさせていただきました。
その流れからか、アフリカで開催される国際会議の資料作りに協力をさせていただいています。
有り難いことと感謝しつつ、力を尽くします。

下の写真は、前田先生のセミナー後の懇親会。
若者たちに囲まれる前田先生。
良いですね。

私も若いころはあちこちに出かけ、当時のスーパースターの先生を囲んで話したものでした。
ですので、こういう場に行くと、「きっとこの中に未来の日本の教育を推進する人がいる!」と思ってしまいます。
若者には時間が大きめにあります。
一つのテーマで5年10年と研究したら、その道の第一人者になるでしょうね。
教師人生を少し大きめに描きつつ、前進してほしいですね。
--
関連記事:

前田康裕先生のセミナーの帰りに本を買いました

前田康裕先生のセミナーが開催されたのは、ジュンク堂池袋本店。
エレベーターで上がった4階に、御覧の看板が出ていました。
「こんな嬉しいことはない!」と、前田先生にも入っていただいて、写真を撮りました。

前田先生の『まんがで知る教師の学び2――アクティブ・ラーニングとは何か』は、10日に発売されます。もうすぐです。
こちらも楽しみです。
--
セミナーがお開きになった後、せっかくの大型書店ですので、興味の引かれるコーナーへ行き、「オッ!」と思った本を購入しました。

易経の口語訳が載っている『全訳 易経』です。
易経は、その内容が私にはちょっと縁遠いので、あれこれ詳しい講釈より、今風の訳本を探していました。
そうしたら、そういうコーナーに面陳で置いてありました。
「こんな本があったのか」と奥付を見たら、昨年末の発売です。
新しい本です。よくぞ、こういう形の本を出してくれたものだと感謝しつつ、購入しました。

易経は読むというより、パラリと開く本です。
筮竹で占えば良いのでしょうが、それを行う気がないので、「今日はここ!」と勝手に開いたところを読み、自分の人生と照らしていきます。
これが、良い占いになります。

今日は、p46-47でした。
「進もうとしても退けられるが、正しい行動をしていれば吉い結果が得られる。」
ここを読み、さらなる努力を!と自分に言っている自分がいます。
努力がわかってもらえない時は、それはまだその時に達していないだけのことです。
分かってもらえないことを気にせず、怒らず、粛々と前進することです。

論語にも似たような言葉がありますね。
「人知らずしていからず、また君子ならずや」

明日は、どんなことが書いてあるページをめくるのでしょう。
--
関連記事:

宮内主斗先生の本がもうすぐ出ます!!

茨城に、若い頃からの友だちがいます。
理科の凄腕教師、宮内主斗先生です。
さくら社からも『理科実験の教科書3年』『理科実験の教科書4年』『理科実験の教科書5年』『理科実験の教科書6年』と、4部作を出しています。
フルカラーの理科教育書としても、脚光を浴びている本です。

その宮内先生の新刊が、春休み頃に出ます!特別支援の本です。
その内容がすごい!!
褒めることは誰でもできるのですが、勉強をすると褒め方が変わることが、実に良く分かる本なのです。
しかも、ここまで褒められるのかと、褒め方の納得度が非常に高いのです。
本が出た時に、また、御紹介したいです。
この本でもつくづく思うのですが、宮内先生の論理性の高さ、さすがですね。
--
関連記事: